Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

理事会裏報告

みなさんこんにちは全人協です。早速理事会裏報告。

 みなさん、こんにちは。全人協ブログの設置責任者、人形劇団とんとの耕ちゃんです。
どうぞ、どうぞよろしくお願いします。全人協のWeb担当者なのですが、劇団の方が忙しくて、ちょっとwebの方をサボっていました。今後なるべく多くの方に情報を届けられるようがんばって表の情報以外のこともお伝えしますのでよろしくお願いいたします。
 ということで早速1月17日に名古屋であった理事会の報告。
 耕ちゃんはその日は地元福井での公演を午前中にはねてから、相方と一緒にコンビニ飯をかじりながら、高速で名古屋に向かいました。名古屋までは2時間ぐらいですが、相方が今回は一緒なのは翌日が名古屋での公演だからです。こんな日に理事会をいつもやってくれるといいな・・・・。
 理事会は名古屋ひまわりホールにて午後1時から始まりますが、公演先を出たのが12時15分ぐらい。順調に行けば、14時30分にはひまわりの会議室にたどり着けます。理事の半分は役者なので、こうやって苦労しながら理事会にたどり着くのです。ちなみにとんがらしのN氏も昼は食べられなかったと言ってました。ほぼ計算通り、たどり着いたのは14時20分でした。この日の参加は前述のとんがらしN氏、クラルテのTさん、むすび座のYさん、ひぽぽたあむのNさん、ひとみ座にI氏とオブザーバー参加のばんびのIさんとわたしの相方のOさんと事務局のO氏との9名です。なかなかの出席です。理事会もみんなの都合を合わせるのが大変なのですね。クラルテのTさんやひとみ座のI氏とは多分初めてお会いしました。こうやっていろんな劇団の人とお知り合いになれるのも理事会の良さ。
 だどり着くと、事務局のO氏の事業・活動報告と議論がもちろん途中まで始まっていました。全人協は事業と言っても2.3の事業しかなく、あとは事務組合的な他団体との交流や協同、取引団体との交渉や交流などが主で、特に事務局のO氏にはその多くの仕事をしてもらっているのが実情なのです。ですからO氏には足を向けては寝られないのです。と言うわけでO氏の報告を聞き漏らさないようしっかりと聞きます。O氏の報告は問題点も挙げながら報告してくれるので、そのあとの議論がとてもやりやすいのです。(よいしょっと)
 私みたいに地方にいる人間はこの理事会は人形劇やその周辺の情報を得られる貴重な会議なのです。特に都の情報はいいのう・・・・。
 震災関係で様々な児童演劇関係者の動きがあることや、アシテジと言って国際的な児童演劇の組織を中心に児童青少年の舞台関係者の連絡会を作る動きや長野県飯田で「人形劇の街」にするための新しい動きがあることがちょっと期待できる報告でしたね。詳しくは事務局のO氏にお尋ねくださいね。
 さて理事会のあとは「夜の理事会」に突入。これ理事会の恒例なのですよ。理事会のために宿を取る人もいるのです。そのわけは・・・飲みながら話す方がいいアイディアが出て来たりするんですね。ですからこれも大事なのです。年に何回も会うわけじゃないので、この日ぐらい飲んでも良いでしょう。理事会が早く終わると名古屋では夜の理事会を催す会場を探すのが一苦労ですが、その日は終わったのが午後5時。ちょうどどの会場(飲み屋)も開く時間になりました。というわけで名古屋駅近くのミタニビルの6階にある「ウメ子の家」に。参加したのは、YさんとNさんとIさんとOさんとO氏と私の6人です。
 当日名古屋泊まりの私は久しぶりに美酒に酔いしれました。親父が2年前に倒れて以降ほとんど飲んでいません。年に10回程度付き合いで飲むだけです。その10回のうちの1回なので盛り上がりました。歳は取っても熱い情熱は皆さん変わりがないですね。特にNさんは熱く「なんで・・・・は・・・なんだ。わたしは許せないよ」「人形劇の魅力を伝えたいんだよー」熱いですね。この熱さを見習わなければなりません・・・といつも思います。帰らなければならない人を帰して、夜の理事会二次会へ・・・・気がつくと11時近く。いかんいかん明日は公演・・・と言うわけでその日はこれでおしまい。
 楽しい理事会の夜でした。とういわけで今回の報告はこれでおしまい。
 次回は大阪での総会に向けての理事会です。お楽しみに。
こんな風に理事は劇団の都合と日程を合わせて集まっているのですよ。
  • 2012.01.20 Friday
  • 16:11

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback